平成26年度みやざきスギ住まいづくり支援事業

H26年度みやざきスギ住まいづくり支援事業
事業内容

  1. 「みやざきスギの家」セミナー
  2. 県産材を活用して新築する住宅への県産材代金の補助

※1.に参加した方のみ2.の抽選会に参加できます。

参考:宮崎県HP

 

 

「みやざきスギの家」セミナー

宮崎県産スギ材の良さと、県産材を使った住宅の良さについて知っていただきたい為、当セミナーを開催いたします。

場所
宮崎市民プラザ4階ギャラリー
〒880-0001 宮崎市橘通西1丁目1番2号
TEL.0985-24-1008 FAX.0985-29-2244

日時
平成26年7月19日(土曜日)13:30~14:50

講師
注文の多い建築料理店 ゆうぼく人 代表 川添英司 氏
宮崎県木材利用技術センター 材料開発部長 小田久人 氏

内容
・ 県産材を使った住宅、木造住宅の良さについて
・ 宮崎県産スギ材の性質について

参加申し込み方法
参加申込書(「みやざきスギの家」講習会受講申込書)をダウンロードし、必要事項を記入後当会(県木連)へ送付してください。送付方法は、郵送・Fax・電子メールいずれの方法でも結構です。

参加申込書PDFファイルWORDファイル

応募締め切り
平成26年7月14日(必着)

申込先
宮崎県木材協同組合連合会(県木連)
〒880-0805
宮崎県宮崎市橘通東1-11-1林業会館1階
Tel 0985-24-3400 Fax 0985-27-3590
担当者 : 佃 賢一(つくだ けんいち)、野口陽一郎(のぐち よういちろう)

 

 

新築木造住宅の木材代金補助

応募者が多い場合は、宮崎県木連が開催する「みやざきスギの家」セミナーを受講された応募者の中から、抽選で補助対象者を決定します。抽選は8月9日に開催する「公開抽選会」にて行います。

 

補助対象経費補助額

  1. 県内に自らが居住するため、県産・合法材を一定量以上使用して木造住宅を新築する場合における構造材等に係る県産・合法材材料費  10万円/件 (15戸)
  2. 県内に自らが居住するため、県産・合法材を使用し、かつ、県産大径乾燥無垢材を活用した梁桁 等を一定以上使用して木造住宅を新築する場合における梁桁等の材料費  10万円/件 (5戸)
  3. 1.と2.を併用し、最大20万円の補助を受けることができます。木材利用ポイントとの併用も可能です。

 

補助の条件
ア 補助を受けようとする本人が自ら居住するための新築住宅を県内に建設すること。
イ 「みやざきスギの家」セミナーに参加すること。
ウ 補助を受けることを希望する者が募集棟数を上回る場合は、公開により行われる抽選において当選すること。
エ 「県産・合法材活用」においては、1件あたりの県産・合法材の利用量が20立方米以上であること。「県産大径乾燥無垢材活用」においては、1件あたりの梁桁等への利用量が9立方米以上であること。
県の決定通知が届いた後(8月末頃)に着工し、平成27年2月末日までに棟上げを完了させ、補助対象木材を活用し終えること。
カ 棟上げ完了時に構造見学会を実施し、宮崎県産材を活用している旨等の表示を行うこと。なお、表示の内容等については、別紙のとおり。
キ 住宅完成後に、県が県産材利用拡大のためのPR素材(パンフレットやホームページに掲載)として、写真等の提供や必要に応じ完成見学会の開催などに協力できること。

 

助成事業の流れ

  応募者が多い場合は、宮崎県木連が開催する「みやざきスギの家」セミナーを受講された応募者の中から、抽選で補助対象者を決定します。抽選は8月9日に開催する「公開抽選会」にて行います。

以下は主な流れになりますので、詳しくは別添「事業の流れ」をご覧ください。

1. 「みやざきスギの家」講習会(セミナー)への参加申込書を提出(受付:宮崎県木材協同組合連合会)
2. 上記講習会(セミナー)へ参加
3. みやざきスギ住まいづくり支援事業計画書を提出(受付:宮崎県木材協同組合連合会)
4. 公開抽選会へ参加
5. 補助金交付申請書を提出(受付:宮崎県)
6. 補助金交付決定通知を受領
7. 工事着工
8. 棟上げを平成27年2月28日までに完了
9. 事業実績報告書+棟上完了証明書+県産・合法材証明書+構造見学会実施報告書等を県に提出(事業完了日から30日以内又は平成27年3月15日まで)
10. 精算払請求書の提出後に補助金交付

 

 

 

補助を受けるために必要な書類(書式は下を参照してください)

  • みやざきスギ住まいづくり支援事業補助金交付申請書〔様式第1号(規則第3条関係)〕
  • みやざきスギ住まいづくり支援事業計画書 〔様式第1号(第5関係)〕 【要領】
  • 収支予算書(収支決算書) 〔様式第2号(第9条、規則第3条関係)〕 【要綱】
  • 申請者届出書 〔様式第3号(第4条、規則第3条関係)〕 【要綱】
  • 平成26年度みやざきスギ住まいづくり支援事業実績報告書 〔様式第4号(規則第14条関係)〕
  • 県産・合法材証明書 〔様式第5号(第9条、規則第14条関係)〕 【要綱】
  • 上棟完了証明書 〔様式第6号(第9条、規則第14条関係)〕 【要綱】
  • 見学会実施報告書 〔様式第7号(第9条、規則第14条関係)〕 【要綱】
  • みやざきスギ住まいづくり支援事業財産処分承認申請書 〔様式第8号(第10条、規則第21条関係)〕 【要綱】
  • みやざきスギ住まいづくり支援事業精算払請求書 〔様式第4号(第11関係)〕  【要領】
  • 納税証明書(県税に未納がないことの証明)

 

事業の変更(中止・廃止)をおこなう際に必要な書類)
・みやざきスギ住まいづくり支援事業変更(中止・廃止)承認申請書 〔様式第4号(第7条、規則第10条関係)〕 【要綱】

 

用語の定義は、次のとおりとする。
(1)木造住宅 構造耐力上主要な部分が木造である住宅をいう。
(2)新築 更地に新たに建築物を建築することをいう。
(3)県産材 県内において生産、製材又は加工された国産材製品をいう。
(4)県産大径乾燥無垢材 県内で生産された丸太の末口の直径が36cm以上の素材から含水率20%以下に人工乾燥された無垢の製材、又は加工された製品をいう。
(5)合法木材 林野庁作成の「木材・木材製品の合法性、持続可能性の証明のためのガイドライン」(平成18年2月)に基づき合法性が証明される木材・木材製品をいう。
(6)構造材等 通柱、管柱、間柱、土台、大引、根太、梁、桁、筋かい、母屋、棟木、垂木、小屋束をいう。

 

詳細や書式はこちらを参照ください

みやざきスギ住まいづくり支援事業補助金交付申請書〔様式第1号(規則第3条関係)〕

平成26年度みやざきスギ住まいづくり支援事業実績報告書 〔様式第4号(規則第14条関係)〕

県産・合法材証明書 〔様式第5号(第9条、規則第14条関係)〕 (EXCEL)PDF

みやざきスギ住まいづくり支援事業要綱

みやざきスギ住まいづくり支援事業要領

参考 補助金等の交付に関する規則