森林整備基盤づくり交付金の要望調査をいたします。

平成30年度森林整備基盤づくり交付金の要望調査を実施いたします。

 

事業内容

木材利用及び木材産業体制の整備推進

補助対象

木材加工流通施設等の整備
木質バイオマス加工流通施設等整備
木質バイオマスエネルギー利用施設整備

 補助率

1/2以下

 要望調査期間

・ 要望書は平成29年8月21日(月)までに提出してください。要望書を提出する前に、必ず県木連へ電話で連絡いただくようお願いいたします。

 要望調査書式

2 森林整備・林業等振興整備交付金(zip圧縮xlsxファイル)

※提出が求められている書式は上記のみですが、下記書式を参考に事業計画の整理をされることをおすすめいたします。
木材加工流通施設等整備関係
木質バイオマス関係

 条件等(一部です。詳しいことはお問い合わせください。

当補助事業により木材加工施設を整備する場合
・ 地域材利用の多寡にかかわらずJAS認定の取得が必須
・ 年間の地域材利用量(原木換算)が概ね1万立方米以上の場合は、JAS製品の生産が必須
・ 新規設備を導入する場合は、5年後までに2割以上生産量(原木消費量)が増加すること。

 

その他

・  提出いただいた要望について、随時ヒアリングを実施します。

 

問い合わせ・要望提出先

宮崎県木材協同組合連合会
〒880-0805
Tel 0985-24-3400
Fax 0985-27-3590
担当者 : 清 次男(バイオマス)、佃 賢一(製材加工流通)